引越し 見積もり 安い

安い引越しを実現する重要なポイント

どこよりも安い引越し業者を探している
そんな方が絶対にしてはならないのは、引越し業者に直接見積もりを頼む事です。

 

引越し条件 (移動距離 荷物の量 建物の間取りや階 日時 オプションサービス) によって、最も安い業者は変わります。
いかなる条件の引越しでも、必ずそこが最安値になる・・・そんな引越し業者は存在しません。

 

 

 それならどの引越し業者に見積もりを頼めばいいの?

 

最安値となる可能性のある引越し業者が存在します。

 

それは皆さんも良く知っている、サカイ引越センター アリさんマークの引越社 アート引越センター などの大手業者。
それに加えて、地域密着型の一部の優良業者です。

 

こうした業者を探し、見積もり依頼をするというのが正解です。

 

本来これは時間もかかり大変な作業なのですが、
無料のオンラインサービスである一括見積もりを使うだけで、対応可能な業者選定と見積の依頼が同時に行う事が出来ます!

一括見積りをフル活用して安い引越し業者を探しだすテクニック

2つの一括見積もりから申し込み

 

多くの方は一括見積もりを1つしか使いませんが、 2つの一括見積もりから申し込みことが引越しを安くするためには大切です!
申し込み所要時間が数分程度のサービスですから、2つ使っても大して時間は変わりません。
*ページ下にある引越し侍とズバット引越し比較 をご利用下さい。

 

最安値業者の候補となる引越し業者は、大手だけでも10社近くあり、地域密着型の優良業者は数え切れない程あります。

 

一括見積もり1サービスだけでは、全ての業者に見積もりを頼めません。
2つの一括見積もりから申し込む事で、始めてしっかりとした比較が可能となり、最安値業者を確実に探す事ができるのです。

 

2つ使わない事で、数万円損をする事も珍しくありません。

 

 

訪問見積もりを頼む

 

一括見積もりで申し込みが完了すると、申し込み内容を元に大雑把に見積もった料金【オンラン見積もり料金】を各業者が伝えてきます。
この料金が高い業者をいくつか (3、4業者が目安)選び、訪問見積もりの日時を決めましょう。

 

 

値下げの交渉

 

訪問見積もりの結果、最も安かった業者の見積もり料金を別の業者に伝えて値下げ交渉をします。
他業者の料金が自社より安いと知れば、もっと安くする業者は少なくありません。
訪問見積もりを受けた業者はもちろん、受けなかった業者に対しても交渉をしましょう。

 

その結果、最安値となった業者に依頼します。

 

この手順に従って頂くだけでも、十分安い引越しは実現するでしょう。

引越し料金をもっと安くするためのテクニック

出来るだけ早く申し込む

2週間前、もしくは1月前に予約で割引料金となる業者が多いので、それを見越して一括見積もりで早めに業者探しを行いましょう。

 

訪問見積もりを受ける前に部屋を片付ける

荷物が整理されていると、荷物量が少なく見えて安くなりやすいです。
逆に散らかっていると多めに見積もられて高くなってしまう事があるのでご注意下さい。

 

ダンボールを自分で用意

見積もりの際に

  • ダンボールを自分で用意すれば料金が安くなるか
  • 業者のダンボールは1つ当たりいくらなのか

これを聞きましょう。

 

その上でオンラインショップやDIYショップの値段と比較し、安い方を選びましょう。
業者に廃ダンボールを無料で貰えるか聞いてみるのも良いですよ。

 

引越しできる日を複数伝える

1日だけではなく、複数引越し可能な日を伝えて見積もりを受けましょう。
その上で業者が最も安く出来る日に依頼するのです。

 

割高となりやすい土日祝日 吉日 月初め・月末を避けるのがベストです。

 

 

全て実践出来ない・・・
そんな方は一部だけでも実践してみて下さい。
これらは全て、非常に効果的なテクニックです!

おすすめの一括見積もりサービス!

当サイトでは引越し侍とズバット引越しの2サービスの同時利用を推奨しております。

 

引越し侍

利用者1,100万人を突破!
数ある一括見積もりの中でも超オススメなサービスです。

 

 

ズバット 引越し比較

提携業者数が200社以上。
安い引越し業者をお探しの方は利用必須です。